人生

【逆襲】40代で人生を逆転するためのシフト戦略とは?

「何も結果を出せないまま、40代に突入してしまった・・・。今からでも人生逆転したい!!」

ところで、なぜあなたはそもそも人生逆転したいと思ったのでしょうか?

同僚だけが認められて自分は全く評価されないから?

兄弟姉妹は優秀だが自分だけ何も残せないでいるから?

知り合いは優雅な生活を送っているけど自分は惨めな生活を送っているから?

直接言葉で、「あなたは惨めだ」と言われたわけではないと思いますが、相手の普段の態度でそのように思っていることをあなたはきっと感じ取れたのでしょう。

この状況は、1日や2日で終わるはずもなく長きに渡って続いていると思われるため、人間性まで否定されているようでさぞ辛い生活だったと思います。

しかしながら、人は弱いものをいじめるなり、見下すなりして安心感を得たい性質があります。もしかしたら、あなたが弱いものと目に映ったからこのような態度に出てきたのかもしれません。

正直くやしいですよね。このままでいいわけありませんよね?

もしそう思えたなら、いい感じになってきたと思います。

なぜなら、怒りのパワーは本来の力以上の力を発揮できるようになるからです。

惨めな人生、もう今回限りで終わりにしましょう。

 

40代でこそ人生を逆転するための原動力として怒りのパワーを利用する

怒りのパワーは上手に使えば薬となりますが、使い方を誤れば身を滅ぼす諸刃の剣です。

ですから、使い方を誤らないように注意する必要があります。

因みに、40代になってもまだ感情に任せて動いているというのはダメな典型例と思ってはいけません。人は理論的に考えて決断しているように思えますが、最終的に判断を下しているのは感情です。

ですから、感情で動くということはレベルが低い人がやることだと思わなくてもいいのです。

 

怒りをエネルギーに変えていく

怒りのパワーをどんどん溜めていくと、四六時中怒りで満ち溢れ、作業が手につかなくなります。

そういうわけで、怒りのパワーを生産しつつも逆転するためのエネルギーへと変換していきましょう。

変換していくための具体的な方法としては、「どうやってこの怒りのパワーを逆転するためのエネルギーへと変えていってやろうか」という変換するための方法そのものを考えることです。

当然、考えること自体にエネルギーが使われますし、考えた結果の行動を行うためにもエネルギーは必要ですから。

一番いいのは、まず逆転スケジュールを作ることです。

人生逆転するためにも色々やることがあります。

まず、逆転するために必要なスキルや知識は何か? そのスキルや知識を習得するためにはどこで何をするか? それをどういう計画で実施していくのか?

これをしっかり考えるだけでも相当なエネルギーが必要です。ましてやこれを実践するなら言うまでもないですよね。

そういうわけで、怒りのパワーは生産し続けちゃって構いません。

因みに、あらゆる負の感情をコントロールして、人生楽に生きる方法はコチラです↓
【解決】人生におけるあらゆる負の感情を一気に解消するまとめ

 

どうやって逆転した姿を見せるかを考える(ゴールの設定)

さて、怒りとエネルギーの変換をバランスよくできたあなたは、最終的にどうやって自分が成功した姿を相手に見せてやるかを考えます。

では、一番彼らにダメージを与える方法を教えましょう。

それは、『自信満々な様子で幸せそうなところを見せつける』です。

人は、他人の幸せそうな姿を見ると嫉妬を生む生き物です。実際、私の周りでもそういう意見が多いですし、各種メディアでもそのような意見が大半です。

あとは、どのようなシチュエーションでそれを実行するかですね。

これを考えるとやる気も出ますし、モチベーションも持続できるはずです。

 

40代での人生逆転を省エネで実施するために必要なこと

先程、怒りのパワーをエネルギーに変えることで人生を逆転していく方法について紹介しました。

怒りのパワーの良いところは、爆発力が凄いところです。しかしながら、40代にとっては体力の消耗が激しいのもまた事実。

最初は怒りのパワーで運用始めるのも良いですが、途中で別のやり方にシフトしていくのが望ましいです。

その方法とは、習慣化による人生逆転方法です。

逆転は、宝くじみたいなものに当たらない限りは一夜にして成し遂げることは不可能です。

ですから、基本は長期戦になることは間違いなく、息切れを起こすことなくゴールにたどり着くために必要なのが習慣化スキルなのです。

かの有名な孔子は、「成功の秘訣は成功するまでやることだ」と説いてますし、松下幸之助も同じことを言っています。”成功するまで諦めずに継続せよ”ということですね。

しかし、この継続という言葉は、”頑張って”続けるという意志が含まれているように感じませんか?

頑張って続けているという状態においては、強い意志か怒りのパワーがない限り継続できません。

いずれにも共通しているのが、意識して行うということです。意識するということは、多少なりとも無理をしている状態です。

究極は、意識せずとも行動しているという完全ストレスフリーな状態を作ることです。つまり、習慣化です。習慣化は無意識の領域です。あなたはココを目指すべきなのです。

 

40代で人生逆転するために行動を無意識化する

意識してやる行動を無意識の習慣化へ昇華させるためのコツをご紹介します。

 

理想のイメージを暇があったら常に確認する

自分がなりたい理想の姿があるなら、その姿を言葉に表現します。

そして、その言葉を印刷するなりして常に見えるところに掲げるか、印刷して携帯するようにしてください。スマホの待ち受けでもいいかもしれません。

理想の人がいるなら、その写真を見えるところに置くのも効果的です。それこそ、有名人や漫画のキャラクターなど何でもいいです。

ポイントは、常に見えるところに置いておくということです。なぜなら、何度も目に入るイメージが脳の潜在意識下に刷り込まれ、そのイメージになるように行動するようになるからです。

視覚情報は、人を動かすのに有効な手段なのです。

 

徹底的にルーティーンに拘る

大リーガーのイチローが打席に入る時には、毎回同じ動作をします。

その理由は、マインドをリセットしたり、集中力を高めるためです。

この方法は、私たちにも適用できるので、例えば逆転に向けた学習の際には、好きな音楽を聴いたり、ストレッチをするなどして、マインドをリセットしましょう。

究極は、朝から寝るまでの間を寸分狂わず同じ動作をすることです。

こういうストイックな生活をしている人は、周りに少なからずいるはずです。その人のことを少し思い返してみてください。きっと、人生で成功しているはずです。

でも普通に考えたら、世間一般の人が上記のようなストイックな生活をすることはほぼ不可能です。

ですから、まずはその一部を取り入れればいいです。一部の時間だけでも効果があります。

例えば、20:00~21:30の間だけ時間通り動くと決めて、

20:00~20:30:食事
20:30~21:00:お風呂
21:00~21:30:マインドリセットの時間

そうすることで、21:30~自然と人生逆転へのスキル磨きの時間へと入っていけるのです。

 

楽しみを加える

習慣化のための行動に楽しみを加えることで、習慣化しやすくします。

例えば、ルーティーン活動を1日達成できたら1ポイントと設定し、10ポイントが溜まったら、美味しいものを食べにいくとか、楽しく行動できる仕掛けを行動の中に組み込んでおくと強制感がなくなります。

 

40代で人生を逆転するためのシフト戦略まとめ

人生を逆転するためのシフト戦略はいかがだったでしょうか?

シフト戦略をまとめると、以下になります。

・怒りのパワーをエネルギーに変えるために、まず計画を立て、自分がどう変わったかを最終的に見せつける方法を考えつつ行動する

・逆転のためのスキル磨きがある程度進んだら、怒りから習慣化へ原動力をシフトする

人生逆転するのは一筋縄ではいきませんが、今回紹介したことをまずしっかりやってみてください。そうすれば、全く見えなかった道が少しは見えてくるはずだと思っています。

それでは、逆転の第一歩がスムーズに開始できることを祈っております。

 

以上、40代で人生を逆転するためのシフト戦略とは?でした。

-人生

© 2020 えくてと Official Site